最近の葬儀の傾向とは


最近の葬儀の傾向とは

葬儀も時代の流れで変化してきています。
昔の話を聞くと、自宅で葬儀をとりおこなう場合が多くそれは大変だったと聞きます。


今と比べて家が広かったのも理由でしょうか、自宅を式場にするため参列して下さる方々のために用意する座布団の枚数だけでもすごい数です。

精進落としのお食事も用意しなければなりません。沢山の支度をしていると悲しんでいる暇がなく遺族にとってはいいやり方だったかもしれないです。

かわさき北部斎苑に関して悩んだら、是非お試し下さい。

ご近所に葬儀があればお手伝いに出向いていくのが普通でお互いさまで、そして遺族側はお手伝いして頂いた方々に最後にお礼をして感謝を伝えやっと葬儀が終わるのです。お互い様とはいえ大変な時代です。


今でも祖父母の家に行くとその頃のなごりで湯飲み茶わんや座布団が、たくさんあります。先日参列した葬儀は、昔とは全く違うものでした。
葬儀専門の葬祭センターが式場で、自宅とは少し離れた場所にありました。

式場内に遺族の宿泊設備もあり、遠方から参列する親族は宿の心配をせずに参列できるようになっていました。


控室にはお茶やコーヒーがいつでも飲めるように用意されていて、ご遺族がバタバタと動く様子は見られませんでした。式場内に一歩はいると故人の思い出の品がディスプレイされたコーナーが用意され、思い出のビデオ上映があったり涙を誘う趣向が凝らされているようです。

精進落としの会場も同じ建物の中にあり火葬している時間を利用しています。

馬込斎場の情報も多数ご用意しました。

一人ひとりのお膳が用意されて係りの方が付ききりでお世話してくれるので、故人とかかわりの深い人や親族が懐かしい話をしてご遺族も含めて良い供養になります。

自宅はマンション等で葬儀をするスペースのない家庭が多いので斎場で行うことが増えています。

ご近所に気を遣わなくて良いのも安心です。
専門の会場で知識のあるスタッフが対応してくれますし、料金も明瞭で華やかにおくってあげたい場合も親族でひっそり済ませたい場合も対応してくれます。

葬儀のやり方も年々変化してきています。自分に合った方法を選択する時代です。